第2回目はFender 71年製 Telecaster Lake Placid Blueを紹介したいと思います

まずFender Telecasterのカラーについて、軽くおさらいしてみましょう。
Fender Telecasterのスタンダード(レギュラー)カラーはご存知の通り「Blond」です
シースルー(透き通っている)カラーだった為、BODY材は必ずASHが採用され、ASHの綺麗な木目を引き出すカラーとして採用されました
因みに、それまでの楽器業界で楽器にアッシュ材を使っているメーカーはほとんど無く、ブロンドカラーもありませんでしたが、レオ・フェンダー氏は高級家具などに採用されているアッシュ材にシースルーホワイトの組み合わせを参考に、世界初のエレクトリックギターに取り入れ、他社の度肝を抜きました

という事で、1950年にブロンドにはASHという黄金の組み合わせが誕生したわけです

そして、1954年に登場するStratocasterはというと、何とサンバーストをスタンダードカラーに採用することになります

で、テレキャスターに話を戻し、テレキャスターのスタンダードカラー以外を、Custom Colorと呼び、塗りつぶしカラー+サンバーストがその部類に入ります

このLake Placid Blueというカラーもカスタムカラーになり、BODY材はアルダーとなります

それではまたまた前置きが長くなりましたので、早いとこ細かい画像を確認していきましょう

 


ウェザークラッキングがボディー全体に入っております
ご覧のように、見る角度によって色の見え方が変わり、深みのあるブルーメタリックとなっています

 

ネックジョイント部の画像です。カッタウェイ部にもウェザークラッキングが入っています

ジャック部の画像です。こちらもご覧の通り無数のウェザークラッキングが入っております

 

ネック裏の画像です。ローズ指板なのにスカンクが入っているのはこの時期の特徴です

ヘッド裏の画像です。67年頃から変更になったF-Keyペグを搭載しております

リアピックアップとブリッジプレートの画像。67年頃にスパイラルブリッジから2溝タイプに変更になったブリッジ駒です

リアピックアップキャビティ内の画像です。

リアピックアップの裏面とブリッジプレートの裏側です

フロントピックアップキャビティー内の画像です

ネックポケット部の画像です。製作を担当した者のスタンプが押してあります

Neck Date [ 3 MAR 71 B]
3はテレキャスターのモデル番号
MARはMARCH(3月)に製造されたということ
71はそのまま71年製ということ
Bはネックの幅の広さ、Aが狭くCが広い。Bは通常

ジョイントプレート部の画像です。6桁シリアルとFマークが入っています

コントロールプレート部の画像です。配線はVintageスタイルから67年頃に通常スタイルに変更になりましたのでFront→Mix→Rearとなっております

コントロールキャビティー内の画像です。

アッセンブリーの裏側の画像です。

POT DATE [137 6634] CTS製のPOTで66年の34週目に製造された物、規格は 1MEG

コンデンサーは[Circle D]ことDilectronのセラミックコンデンサー 0.5uf 50Vで、個人的にTelecasterには一番合うコンデンサーだと思います

古今では大変貴重になったTelecasterのCustom Colorをこの機会に是非!

 


  HOWL GUITARS http://www.howl-co.com